メニュー 閉じる

カテゴリー: 雑記

みくりんちサーバー事情。

DSC_0248a_300px
自宅は半分データセンター、、
ソーラー発電設備も設置して、もう何をやっているのやら(笑)
まあそんなみくりんち。

最近イベントとかにいけていないので、こんなネタ出しをふたたび…(笑)

今のメインサーバーがこのDELL C6100高密度サーバー@2Uラックマウント、になってます。
CPUにはXeon E5530@2.4GHzが全部で8個、メモリ合計96GB。
といっても、実際はCPUは2個づつで4台に分かれていて、普段起動しているのは1/4ぶんだけ。
(まあこれはもうブレードサーバーです…)
わっほいわっほい言いながらフルパワーで動かしたらかなりのリソースになるけど、電気をそれだけ消費してしまうので、今のところ省エネ運転です(/ω\)

これを導入する前は1UのSunサーバー(Xeon E5435 2個積み)だったんだけど。
いわゆるマザーボードにあたる部分が壊れてしまって…なぜか突然落ちるんで、どうしようもなくなり。
まさに\( ・д・) バルス!! /

メモリを抜き差ししたら一時安定したんだけど…
ブレーカーが落ちたり(爆)で再起動するとまた\( ・д・) バルス!! /
だめだこりゃでした。。

で、意を決して導入した中古サーバー(笑)
まあ新品のサーバーでこれを買ったら新車が買えたりしますが(笑)
RAIDコントローラが遅いということで、中古品が破格で売られていました。
うーん、確かにHDDアクセスがちょっとつらい…

でもまあ、消費電力が約300Wも減り、ランニングコストを考えたらとてつもない節約に繋がりました。
まあ悪い買い物ではなかったかなと思ってます。

そんなこんなで、ようやくこのブログも安定したところなのですw
(自宅サーバーなんですw)

#今ちょっとSPAMがひどいのでコメントつけられない状態ですが(^^;
#そっちも対策しなくちゃ…

あとは、古いほうの壊れたSunサーバーの処分が課題。
ラックマウントサーバーなんて本来業務用なので、家庭から捨てるのはなかなか(爆)

あーあ。

まあ気長に考えます…( ̄ω ̄)

Linux & TEMPer1.4で室温測定サーバー

DSC_0334
天下の中国製、USB温度計ドングル。(TEMPerシリーズ最新版?のTEMPer1.4です) 

USB温度計! USB thermometer-528018
(Amazon.co.jp)

ちょうど丸っこい台座がついた延長ケーブルがあったのでこれも購入しました(笑)
 
BUFFALO USB延長ケーブル 2.0対応 スタンド付 2.0m ホワイト BSUC20EDWH
(Amazon.co.jp)

なかなか思ったデバイスIDのものが手に入らないんだけれど、今回はTEMPer1.4という「HIDで認識するタイプ」のものを購入してみました。
Linuxで使うので付属CDはいりませんが、Windows用のsetup.exeとmsiが入ってます。
(そちらの動作はよくわかりません)

とりあえずLinux上では、2013年現在だいたいのディストリビューションでちゃんとTEMPer1.4で認識してくれるみたい。いくつかのLinuxで試したけどdmesgはどれもこんな感じでした。

[71495.072061] usb 3-2: new low-speed USB device number 10 using uhci_hcd
[71495.247636] usb 3-2: New USB device found, idVendor=0c45, idProduct=7401
[71495.247643] usb 3-2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0
[71495.247648] usb 3-2: Product: TEMPerV1.4
[71495.247652] usb 3-2: Manufacturer: RDing
[71495.266149] input: RDing TEMPerV1.4 as /devices/pci0000:00/0000:00:1d.1/usb3/3-2/3-2:1.0/input/input1283
[71495.266458] hid-generic 0003:0C45:7401.09F5: input,hidraw0: USB HID v1.10 Keyboard [RDing TEMPerV1.4] on usb-0000:00:1d.1-2/input0
[71495.281195] hid-generic 0003:0C45:7401.09F6: hiddev0,hidraw1: USB HID v1.10 Device [RDing TEMPerV1.4] on usb-0000:00:1d.1-2/input1

なかなか感触良かったので、いろんな情報を探してfedoraやUbuntuやらで試したけど、最終的にたどり着いたのは以下のモジュール&Ubuntu12.04でビンゴ。 (上のdmesgもUbuntu12.04です)
※CentOS6.4やfedora19が現状最新。全部は試してないけれど、fedora17ではHIDデバイスとして認識までしていたので、たぶんいけるんじゃないかと思います。
(動いてたマシンをfedora17→Ubuntu12.04に入れ替えた時点で心が折れたので、動作確認はこれだけ^^;)

Setting up TEMPer USB thermometer on CentOS
http://www.omniweb.com/wordpress/?p=915

こちらの参照元(本家&ダウンロードリンク)は下記。
・情報ページ: http://www.penguinsunbound.com/User:goeko/Temp_Sensor
・ダウンロード: http://momtchil.momtchev.com/files/pcsensor-1.0.0-multi.tgz

まずソースをwgetなりでダウンロード。
# wget http://momtchil.momtchev.com/files/pcsensor-1.0.0-multi.tgz
# tar zxvf pcsensor-1.0.0-multi.tgz

tgzを展開すると、udev登録用のサンプルがあるので、/etc/udev/rules.d/に突っ込んでリブートします。
(USBだからドングル差しなおしでもいい?けど、リブート後の動作が保障できないので安全のため。)

# cd pcsensor-1.0.0-multi
# cat 99-tempsensor.rules
SUBSYSTEMS=="usb", ACTION=="add", ATTRS{idVendor}=="0c45", ATTRS{idProduct}=="7401", MODE="666"
# cp -p 99-tempsensor.rules /etc/udev/rules.d/
# shutdown -r 0

デバイスIDがさっき確認したdmesgの出力にあったもの(0c45:7401)と同じじゃないと駄目です。たぶん。
2013/8月現在、市場に出ている「TEMper1.4」はこれになってるはず。

それ以外はHIDで認識するなら、デバイスIDを書き換えてみると動くかもしれないですね。
(中国産なのでお察しください…ですが。でも現状では1.4が最新で、これ以前のものは入手困難っぽい)
※dmesg以外にlsusbの出力も見てみるとヒントになるかも。

リブートが終わって起動したら、

# cd pcsensor-1.0.0-multi
# make clean   ※怪しいのでバイナリは一旦消しましょう。
# make
# ./pcsensor -c

これで、下記のような結果を吐いてくれれば成功。

2013/08/18 01:46:55 Temperature 31.12C

デフォルトの出力結果です。
pcsensor.c のprintfをいじれば数字だけとかも吐けるようになりますね。

ソースをいじったあとは、Perlあたりでラッパーを作り、RDBにINSERTするようなスクリプトを組めば長期間のデータも取れるでしょう。
参考程度ならcronでファイルに吐いてもいいか。
Cacti使う人も同様にちょっと修正すればいけると思います。

ただ、うちではときどき取得に失敗するので、単純にファイルに吐くだけじゃなくて「駄目なときはリトライ」が必要になるかも?と思っているところ…

(エラー出力のとき)
USB interrupt read: Resource temporarily unavailable
Fatal error> USB read failed

でもまあもう一回「pcsensor -c」を叩けばちゃんと結果が取れます。
延長ケーブルが駄目っていう初歩的なケースもあるようなので、一応マシンのUSBポートに直接刺してみるといいかも。(ただし、ドングル自体が金属で包まれているので、直接ぶっさしたらマザーボードと同じ温度になりそうですね…^^;)

とりあえず、上記でなんとか値が取れるのがわかったので、今後は取得した温度をWebサーバに送ってWebからグラフを見れるようにしたいなぁ、なんて画策をしています。
あと、IrDAポートも用意してエアコン自動制御とか…夢が広がりんぐ(笑)

とにかく情報が少ないので、少しでも参考になれば幸いです。
まあ、買ってきても即ゴミ箱行きって事ももありうるので、一応そういう覚悟をしてから買いましょう。
(中国製だけに…)

にゃー。

2013.8.15 美弥乃静バースデーライブ「みゃー!みゃー!みゃー!」

DSC_0328DSC_0333

今年もお祝いしましたー!
美弥乃静ちゃんバースデー当日ライブ!

写真はこれだけしかないですが(笑)
今年は7月にバースデー企画で音楽劇「わんだーきゃっと」があったので、ライブは歌がメインでした。
でも、わんだーきゃっとのキャストも登場したり、衣装変えで登場したりww

バンドもサプライズいっぱいで楽しいライブでした!

でも大長編の5時間ぐらい?(笑)
時間たつのは早かったなぁ…「ああもう終わってしまった」って気分w

もりだくさんで、いろいろ出番ごとにいろんな味があるライブ、なのにきっちり「やりきっちゃう」しずちゃんは毎年ほんとにすごいなって思うのです。

たくさんのメンバーやお客さん、みんなの愛があふれてますねー。
みんなでお祝いできて、すごく良いライブでした。

また来年もお祝いしましょうー(笑)

(あー楽器見てたら弾きたくなっちゃったなーw)

USBシリアル変換アダプタ(64bit WindowsやLinuxに)

ちょっとまた、シリアルポートを使う機会がありまして。
昔買ったELECOMの変換アダプタが手元にあったけど、64bit Windowsに対応してなくて残念ちゃん。
(使えねー。)

いざというとき探し回るので、ブログにメモw

調べてみたら、Windows 64bit、あとLinuxやMacでちゃんと使える感じなのは…
・FTDI
・Prolific PL-2303
このどっちかのチップが安定してるみたい。

FTDIで入手しやすいのはiBUFFALOのこれ。


iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)0.5m ブラックスケルトン BSUSRC0605BS
(Amazon.co.jp)

バッファロー嫌いな人はショック症状が出るかもしれないw

そういうときのPL-2303。
秋月電子通商でいいかなーって思うの。

USB-シリアル変換ケーブル スケルトン
(秋月電子通商)
 
長さ調整は適当なUSB延長ケーブルで。

間違ってもシリアル側の延長ケーブルは買わないほうがいい。

高い!(笑)

安くて、細くて長くてかさばらない、おすすめ延長ケーブルはこれ。

ELECOM RoHS指令準拠&環境配慮パッケージ エコUSB2.0延長ケーブル A-Aメスタイプ 3m ブラック U2C-JE30BK
(Amazon)

高速通信するんじゃないから細いのでいいやって感じ。

一応、Macはもってないのでわからないんで、まあ自己責任で。
(Mac以外も自己責任ですがねw)

急いでる人はこの辺をぽちってみればいいかも。

みくりんち発電所。

DSC_0327

集合住宅の1階に突如現れる発電設備(笑)

このソーラーパネルは200Wのモジュールです。屋根の上とかじゃないので少し出力は落ちますが、なんとこいつ1枚、21,000円という破格の安さ。国産品と比べたら一桁違うじゃんっていうくらい。

という怪しいかもしれない代物ですが、今回は楽天で買ってきました(笑)
まあ安いので!

たぶんここまで安いのは他にはないんじゃないかなぁ…

うちのベランダは高めの柵があるのが残念なんですけど、光は夏はだいたい上の方から入ってくるので、この位置なら発電効率は見た目よりは悪くない感じです。

ハイブリッドにしている風車は、前にも紹介した円筒形の超静穏タイプを高さを稼げるだけ稼ぐ(笑)
回ってても音がしないのでとりあえず苦情は来てません(笑)

ちょっと日が曇ってきたときに撮影しましたが、東南向きなので午前中はそこそこいい感じに発電されています。

まあ景観はちょっとしょうがないですねぇ。。
近所の人は滑稽に思っているんだろうなぁ…(^^;

まあ急ぐものでもないし、お金がたまったら買い足し買い足しですが、どこまで増えるか見物ですね!w
最大5枚は置けそうなんだけど…www

安さゆえに、まあ中古品が混ざってたりとかするところもあったり、在庫が安定しないのがちょっと難点ですけどね。Amazonは(マーケットプレイスなので)オークションと変わらないし、個人的には調達先は楽天だけです。

いろいろ工夫してまず電力自給率1%ぐらいは目指したいです。
#しょぼっ(笑)

音楽劇「わんだーきゃっと」を見てきたよー♪

DSC_0275
DSC_0276
↓あらすじはこちらです(笑)

▼美弥乃静バースデー企画音楽劇「わんだーきゃっと」特設サイト
http://wondercat.web.fc2.com/

美弥乃静ちゃん主催&主演の音楽劇。行かない理由はありませんw
って思ったけど、あっという間に終わっちゃった…早いなぁ。

全5公演だったから、できたら全部見れたらよかったんだけど…
いろいろ事情があって土日の夜だけ見に行きました。
でも、とってもとってもとってもとっても素敵な舞台でした( ̄▽ ̄)!!!

猫たちによる猫社会のお話。
タイトルどおり、みんなネコ耳ですww みんな似合ってて違和感がなさすぎてwww
そんな私もネコ耳装着。…客席ですが(笑)

例外動物でカピバラさんと、あと、リスさんとうさぎさんのペアがいましたw

音楽劇ってどんな感じになるのかなぁって思っていたのだけど、ミュージカルほど音楽ばっかりじゃなくて、お芝居の中の要所要所が歌で構成される感じ。
新ジャンルですかね?(笑)

かわいくて演技もできて、歌も超絶うまい人ばっかりなので鳥肌ですww
男性も歌うますぎて!!!!!
役者がメインじゃなく歌メインのゲストさんもいたんですが、いっぱい笑ったりうるうるしたり、歌に聞きほれたり、最高の舞台でした。

しずちゃん(美弥乃静ちゃん)主催で、しずちゃん主演…キャストさんもみんな相性いい人ばっかりですしね。自分もよく知ってる人ばかりで(笑)

千秋楽ラストはカーテンコールのアンコール!(ダブルカーテンコール?でいいのかな?)
そしてスタンディングオベーション!

一通り挨拶のあと、キャストさんとお客さんとで「わんだー!」「きゃーっと!」ってコール&レスポンスでふぃにっしゅ。

鳴り止まない拍手。

鳥肌とうるうるが止まりませんでしたw

と、同時に、この舞台はしずちゃんにしかきっと作れなくて、彼女と彼女を慕ってくれるみんなが(キャストさんもスタッフもお客さんも含め)何よりも大切にしてくれて、全力で作り上げた集大成だったと思いました。
泣いちゃいますよー(笑)
今まで見たしずちゃんのお芝居で、いちばんよかったなって思います。

ほんとにほんとによかったです。
しずちゃんもとっても可愛くって、歌とお芝居との融合もすごい。
もちろん楽曲もみんな素敵。

お話も、オチもちゃんとあったりして、とってもよかった(笑)

一応オリジナルなので、また再演すればいいのに!って思っちゃったり。

キャストさん&スタッフさん本当にお疲れ様でした。お客さんも。
しずちゃんはただでさえ難しい役なのに、主催でとっても気を使っちゃったり大変だったと思うし、お疲れ様なのだけど…でもでも本当に本当にとっても素敵で、すごく輝いていましたよ。

最後に…終演後のしずちゃん。
DSC_0278

そして、カピバラさん役のはるちん(笑) (山本春香ちゃん)

DSC_0277

はー、よかった(笑)

次は…8/15のバースデーライブ本番です!
音楽劇に続き、ライブのほうも一緒に駆け抜けていきたいですねー!

蛇足。
リスさんのしっぽのクオリティが高すぎて…(笑)
終演後に「超もふもふ」させてもらってきましたwww
うおおーふわふわかわいいいいい~(笑)

写真はありませんが、
ほっこり(笑)

エアコンの設定温度を28℃にするのは誤り。

DSC_0273

うちのスマートメーター、ほぼ実寸(笑)
※ただしデスクトップPCぐらいで見ている人に限りますw

これ、エアコン稼働中のうちのメーターなんですが、室温は37.2℃と表示されています。
サーバーがたくさんあるので、消費電力がひどいですが、見てほしいのは温度です。

で、ふと考えてみたら…
いつのまにか私自身も洗脳されていたことに気づきました。

「節電のためにエアコンの設定温度を28度にする」

…というのは絶対的な誤りではないか。
何が言いたいかといえば、

「室温がだいたい28度になるように適宜設定を調整するのが適切」

ということを主張したいわけです。
おかげで、エアコンを使っているのに熱中症で亡くなる方が後を絶ちません。

最新式のエアコンで、室内の循環も適正にすれば室内全体が28度に漸近するのでしょうが、実際は違うことのほうが多いと思います。
エアコンのセンサーの周りだけは28度ぐらいになっているとしても、自分のいるところは30度超なんてのは会社のオフィスでも、家でもよくあること。

誰が最初に「設定を28度にしろ」と言い始めたんでしょうね。

おかげで会社では、だいたい私の席で29.5~30度、自宅もバカ正直にやらなきゃいけない気がしてついつい温度を上げていたらほんとに熱中症になってしまいました。ああバカらしい。(まあ馬鹿です。)

でも会社は…26度ぐらいの設定で自分の席が28度ぐらいになるんですよね…
こっそり下げておくと誰かがかならず28度設定に戻します。
つまり、私に嫌がらせをする節電のためには「設定が28度でなければならない」と洗脳されているわけです。
確かに節電にはなりますが(汗)

これこそまさに行きすぎの節電にほかなりません。

木造家屋など、温度制御が安定しない家に住んでいる方は、まず温度計を買ってきましょう。
そして、自分の生活空間における「室温の目標値が28度」ぐらいになるように、エアコン設定は25度~26度ぐらいまで下げてもよいのです。

会社では周りの人に断って温度を調節しないとだめですね。
でも、ISO14001認証取得の事務所では無理です。
「設定値28℃を厳守する」って明文化されているところもありますので。

この場合…小型の卓上扇風機などを持ち込むしかなさそうです。
そして、必要性を正当に主張するために、自分の席にも温度計を設置しましょう。

実際に数1000人規模の従業員がいる事務所で全員が扇風機を使用すれば、エアコンの設定で節電した電力をはるかに上回りますが、設定を28℃にすることが強制であるならばやむを得ません。

大きな病院の病室などで同じことが行われていないかと考えると、少し心配ですね。

今年は例年より暑いと(ほぼ毎年)言われていますが、
くれぐれも体調に気をつけて、暑い夏を乗り切りたいものです。

ソーラーパネルが届いたにゃん。

DSC_0271

DSC_0270

とりあえずパネル置いただけ…
だって室内置いておくところがないんですもの!(爆)
今日の暑さ、エアコン入れないと死ぬので…ドレンの排水がああ…汚らわしい…(おい

1Fだし、フェンスがあるので架台を組んでもうちょっと上に設置するつもりなのだけど、今は夏至をちょっとすぎたくらいなのもあって、この位置でも上から光が入ってきて、けっこう発電されるみたいです。
室外機に直射日光が当たらなくなるので、架台を組んで風通しがよくなったらエアコンの効率も少しよくなるかもしれませんw

写真1枚目に写ってるのがちょっと前から設置してテストしてた風車。
ソーラーパネルはその下。
ということで、風力とソーラーのハイブリッドなのです。

風車は最初ぜんぜん回らなくて、延伸すること2回…(^^;
これ以上上がらないってところまでドーンと背が高くなりました(笑)

ちなみにこのパネルは200W出力、送料込みで21,000円なり。
抜群のコストパフォーマンスですよ。
風車は300Wで約4万円だったのだけど、そこまで回ってないのでちょっと失敗したかな…
…と思ったけど今日見ていたらいい感じにくるくる回っています(笑)
それでも、まあ、止まってる時間のほうが長いか…(^^;

電流測定のために計器版もあるのだけど、分流器の設計をミスってしまって電流計がぴくりとも動かず…どれぐらい発電しているかは測定ができてません(^^;
まあね、自作の独立系システムなんでご愛嬌というか(笑)

とりあえずチャージコントローラはちゃんと充電モードに入ったので調子はよさそう。風力だけではバッテリーがほとんど充電されてなかったのでパネルが増えてどうなるか楽しみです。

DIY好きで簡単な電気系統の設計ができる人なら、真似はできると思います。
とはいえ他人におすすめはしませんが(笑)

東電からの買電を減らしたいのでちょっとずつ拡張予定です。。
なにより大家さんの快諾が得られたんで気楽ですw
いやあ、いい大家さんでよかった(笑)

※くれぐれも発火とか転倒はしないように、慎重すぎるくらい念入りに安全対策もしていきますよん。

GW?限定版 窓辺ゆう&窓辺あいDSP Windows8


窓辺ゆうちゃんお迎えはこちら
Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit GW特別パッケージ (窓辺ゆう Ver)
窓辺あいちゃんお迎えはこちら
Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit GW特別パッケージ (窓辺あい Ver)

やばい…またぽちっとなしてしまいそうな(笑)
窓辺ゆうちゃんとあいちゃんのGW限定版だそうですが。
いつ出たんだろう…GWってことは結構前?
今日知りました(笑)

マウスにキャラクターのチャームが入ってかわいいです。
前のWedge Touchマウスとやら、よりいいと思います(笑)
Amazon値引きでも19,000円ぐらいなので、もうちょい安ければなぁ…とは思うけど。

いやしかしMicrosoftさんヲタ向け商売うまくなってきたと思いますww
まあ、今からはボーナス商戦向けですね。

個人的には窓辺ゆうちゃんのほうが好きです(/ω\)

MSDNサブスクリプションで窓辺姉妹の壁紙提供してもらえると、
会社でも堂々と壁紙にできるんだけどどうですかー?(爆)

デスクトップ向けRSSティッカー「Snackr」でGoogleReaderから簡単離脱(乗り換え)

Snackr_web_sc

http://snackr.net

私の愛用ツールのひとつ、「Snackr」というフリーのアプリです。
前にも紹介しましたが。。

実はこれ、GoogleReaderに登録されたRSSフィードを取り込んで、デスクトップにティッカーとして表示してくれるすばらしいアプリなんですよね。
GoogleReaderのサービス終了で嘆いている方におすすめなのです。

もっとも、ティッカー型なので、GoogleReaderの未読管理の機能を使い倒している、という方には役に立たないかもしれないです。

ですが、私の場合はずっとSnackrを使っていて「ティッカーで流しておいて気になった記事だけ読む」という形がメインになってきていて、直接Google Readerをあまり見なくなってきていました。
(それでも、記事をまとめて読みたいこともたまにはありますが…)

「気まぐれ読み」とでもいいましょうかw
そんな感じのRSSの使い方です。

賛否はあるのですが、「Adobe AIRで動く」ので、MacやLinuxでもおっけー。
設定画面にはGoogleアカウントと接続するタブがありまして、こんな感じ。
GoogleReader

「Enable Google Reader Synchronization」にチェックしてアカウントを入力し、Connectで同期できます。
これで、好きな設定でフィードをデスクトップに流せるようになります。
上の画像ではもう接続を切ってしまった後ですが…

Feedsタブを開くとGoogleReaderに登録していたフィードがばっちり取り込まれています。

Feeds

これで、GoogleReaderがなくなっても、RSSフィードの「気まぐれ読み」のスタイルならば、今後もRSSを有効活用できそうです。

サービスが終わってからではフィードを手動で登録するしかなくなると思うので、簡単に取り込めるのは今のうちです。
初期設定ができたら、一覧をエクスポートしておくとよいでしょう。
エクスポート形式はOPML(XML)です。

ティッカーは上下左右どの位置でもいいし、マルチモニタ環境ならばどのスクリーンに表示するか選択できます。その画面はこちら。
Preferences
うちは6画面もあるので…こんな風になっています(笑)
スピード調整はもちろん、どれくらい前までのフィードを表示対象にするか、なども設定できます。

RSSはまだまだ有益という方は多いと思うので、一度使ってみてはどうでしょうか。
誰かのお役に立てれば幸いです。

Snackrサイト
http://snackr.net

Adobe AIR 製品ページ (ランタイムは無償です)
http://www.adobe.com/jp/products/air.html

ちなみに。

過去に1度だけ、Snackrのデータベースが壊れてしまって起動しないトラブルがありました(笑)
お茶目ですね。
このときはSnackrのデータベースを削除して、起動させれば初期状態に戻ります。

データベースの場所は、Windowsならば「マイドキュメントSnackrFeedDatabase.sql」です。
フィードをインポートしなおして、設定を戻せば完了です。