メニュー 閉じる

Blog

「計画停電」に思うこと

おはようございます(?)
みくりんです。

震災から13日目あたりでしょうか。
そろそろ直接的被災地でなくても、復旧できていないところではストレスがピークになってくる頃かと思います。
そして、人間性が見えてくる頃かもしれません。
でも冷静さを失わないでほしいところです。
今は助け合うときで、いがみ合うときではないですものね。。 

さて、本題ですが、私が今まさに気になっているものの一つ「計画停電」に思うこと、です。
原発事故なども大変ですが、それらは一旦置いておきます。
(なお、以下の内容は個人的な見解や意見ですので認識が誤っている場合があります。)

事の始まり───。
東京電力の停電計画を最初に見たとき、そして停電がはじまってから、

・なぜ「毎日時間帯が変わる」のか
・なぜ「やるといっておきながらやらない」のか
・なぜ「止まらない地域と止まる地域がある」のか

この3つの疑問が私にはありました。
ですが、送電の仕組みを考えれば何故そうなっているのか比較的容易に理解できました。

一つ目の「毎日時間帯が変わる」のは、
毎日同じ場所が停電して不公平が生じないように停電する時間帯を変えている
ためでしょう。
そんなの誰でもわかるだろうって思いますか?
でも固定されていたほうが対応しやすいはずです。

ですが確かに、「この時間、あっちは毎日止まらないのにうちは毎日止まるのはおかしい」
といったことが起きるのは避けるべきです。
また、消費する利用者によって停電を許容できる時間帯は違うため、
場所と時間が固定されることは大トラブルの原因となります。

残りの「やるといっておきながらやらない」「止まる地域と止まらない地域がある」については、
以下の理由でしょう。

今の東京電力(というか国内)の送電網は発電所で発電した電力をそのまま需要側へ流す、
すなわち発電後に即消費する仕組みになっています。
これは、発電の中心になっている原子力発電所は必要に応じて出力を調整するのが難しいことと、
もうひとつ、発電した電力を蓄えておく「蓄電」の仕組みがないことによります。

したがって、需要に対して発電量に大きく余裕がある場合、
発電した送電を止めても電力を溜めておくことはできないので、
止める理由がなくなるため、「やるといっておきながらやらない」のですね。

また同様に電力不足が生じても、1グループすべてを停止する必要はなく、
いくつかの地域の停電だけで電力量が確保できれば良いのは容易に想像できます。
計画通りに余計に止めても余った電力は蓄えておくことはできません。
なので、最低限を止め、「止まる地域と止まらない地域がある」という状況になるのでしょう。

最初に停電を回避したとき、また、初の実施時に戸惑った方も多いと思います。
しかしながら、東京電力としては発電した電力が余っても蓄電できないので供給する、
その判断になるのは仕方のないことです。
結果として止まらなかったのはよかった…のかどうかは難しいですが。

この方式の問題を挙げてみましょう。

・企業/工場などでは毎日停電時刻が変わり、前後の準備もいるので振り回されて仕事にならない
・需給により実施判断となった際、計画停電時刻になるまで停電するのかしないのか分からない
・停電開始時刻になって停電しない場合も、途中から実施される可能性があり実質停電
・病院やクリーンルーム※などの施設には優先的に送電すべきであるがそのような優先度はない(?)
・夜間には需要が少なくなるが、溜めておく(蓄電)ことができないので節電してもあまり意味がない
(※クリーンルームは場合により危険なガスを扱うほか、浄化設備が稼動できないと汚染(劣化)が進む)

このほかにも、グループ中の停電地域の選定はどのような基準で行われているのか不明、
といった疑問もあります。
非常に厳しいです。

ポイントを整理すると

(1)やるのかやらないのかわからない
(2)毎日時間が変わるので対処できない
(3)優先度がない(または不明)
(4)いつ節電すべきか周知されていない

こんなのがいつまで続くのでしょうか…

いえ、これは終わりの見えない戦いの始まりです。(たぶん)
したがって嫌でも対応しなければなりません。

できることをいくつか考えてみます。

・停電計画が発表されたら計画時間は完全停電する前提で準備する(停電回避に期待しない)
・毎日時間が変わっても、時間帯は5(+2)段階に固定されている(3/23時点)ので、
  各パターンにあわせた対応をあらかじめ計画しておく
・停電地域の優先度は(分からないので)当てにしないで停電を前提として準備する
・企業は夜間操業や在宅勤務にできないか検討してみるべき
・日中、特に夕刻にかけて全力で節電する

こんなところでしょうか。

夜間の電力をどう活用できるかというのは、結構大きいんですけどね…
今は東京電力にすべての人が振り回されているので、官民一体で検討しないと難しいですね。
そろそろ政府が具体的に検討を始めるように呼びかけないと駄目だと思いますが。

最後に、東京電力にお願いしたいことも書いておきます。

・計画発表・中止発表はなるべく早めに出してほしい
・グループの停電を開始後、残った地域に実施するのかしないのか情報を出してほしい
・計画停電実施時に最大の節電を必要とすることをもっと周知してほしい

以上、個人的な考えですが参考になりましたら幸いです。
苦しいですが、こんなときだからこそ、互いを尊重しあい支えあっていきましょう!

日本の皆さん

最初は冷静だったんですけどねぇ
だんだんみんな精神的余裕がなくなってる気がするのです(´・ω・`)

確かにいろいろと苦しいんだけども、
物資は買い込むわ、ずっとイライラしてるわで、
何かあると突っかかる人がいる。
文句を言うくせに人の話を聞けなくなってる。

そして「落ち込んでないで楽しくしよう」って人は不謹慎って叩かれる。
でも、それじゃあエンターテインメントで仕事してる人はみんな不謹慎?
そうじゃないよね…?

大変なのはわかります。
でもこんなときだからこそ、お互いを尊重して広い心でいたいじゃないですか。

愛するということは、相手を許すこと。
お互いを許しあい、尊い存在として受け止めてあげたい。

災害を境に心が狭くなってないか、考えたいものです。

原発が気になる方へ…

震災後…私たち無事だった人間にできることはなんだろうかと、
思うわけですが…なかなかできることは限られていますね。

節電も大切、義捐金なども大切、でもよくよく見ていると、
被災していない地域の人の物資の買占めが実際に発生していたり、
原発の理解がないために大衆の不安を煽るような記事を書く記者…

きちんと情報を得て、理解できる人にはそのような混乱は無いのですが、
さきほども薬局に行ったら自分以外の全員がトイレットペーパーを持ってレジに並んでいる…
オイルショックに何も学んでないことが分かります。

でも、一度不安にとらわれ、疑心暗鬼になった人に正しい知識を
持ってもらうのは非常に難しいです。

私も少しでも正しい情報を、ブログで発信できたらと思うのですが、
今このサーバーは停電の影響をもろに受けてしまいます。
アメブロには特殊なタグが貼れないという問題もあってあまりにも手間が
かかりますし、情報発信も難しい状況ですので主にTwitterで情報発信しています。

そんな状況ですが、ただ1点だけ、今一番お伝えしたいのは原発のことです。
原発に関して原爆やチェルノブイリなどとまるで区別できていない人について
もう少し理解していただきたいと思います。
今恐れる必要はありません。

政府が何か隠しているのか?と疑心暗鬼になる前に、現場で命をかけている人を想い、
自衛隊、警察部隊、消防隊、そして東京電力…さらにはフランス、アメリカの
原子力支援部隊に援助を要請している政府の手厚い対応があることを受け止めて、
総力を挙げて対応してくれていることを信頼して欲しいと思います。

また、たいへん分かりやすい動画を作ってくださった方がいるのでご紹介します。
ぜひこれを見て、原発の現状を理解していただけたらと思います。

 

おわかりいただけましたか?
チェルノブイリのようなことにはならないのです。
安心してください。
そして今現場で頑張っている人を応援しましょう。

被災され亡くなった方に哀悼の意を表すとともに、生きるために頑張っているすべての方に、
日本のために祈ってくれている海外の皆様に敬意を表します。

人の力を結集し、ともにこの苦難を乗り越えて行きましょう。

東北地方太平洋沖地震

3月11日、東北地方太平洋沖地震(M9.0)が発生しました。
被災された方々には慎んでお見舞い申し上げます。
また、原発や避難場所をはじめ被災地で対応に当たっている方々、
海外から救援に来られた方々に敬意を表します。

大きな余震などもまだ危惧されますが、一人でも多くの方の生存と、
これ以上被害が拡大しないよう、1日も早く復興が進むよう祈っております。
わずかながら、私も募金や節電その他へ協力させていただき、
被災された方々に最大限できるかぎりの支援協力を行ってまいります。

2011年3月 築乃みく(みくりん)

※なお、本サーバーについては計画停電にあわせた停止を行っております。
   接続できない場合は時間を置いて接続いただくようお願いします。