みくにっき。

カテゴリー > PC(40)

≪前のページ | main | 次のページ≫

2014/12/18(Thu) :

PCのディスクをSSDにしてみました~

image

先日買っちゃったSSD、ようやく乗せ替えました。
そして、さっそくベンチマーク。
おおー速い!!

(しまった、HDDの速度はかってなかった。まあいいか)

接続が3Gb/sなのでシーケンシャルの速度は頭打ちですが、
ランダムアクセスが想定していた程度に速くなったので満足ですw

仕様では読み書き75000IOPSという話だったので、ちょっと遅いのかな?

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 Shizuku Edition x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World :
http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   274.748 MB/s
          Sequential Write :   262.505 MB/s
         Random Read 512KB :   224.062 MB/s
        Random Write 512KB :   210.306 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    24.975 MB/s [  6097.5 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    52.189 MB/s [ 12741.5 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :   167.068 MB/s [ 40788.1 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    65.936 MB/s [ 16097.7 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 75.2% (179.3/238.4 GB)] (x3)
  Date : 2014/12/18 21:10:23
    OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

smartctlの出力:
$ smartctl -a /dev/sda
smartctl 6.3 2014-07-26 r3976 [i686-pc-cygwin-win7(64)-sp1] (cygwin-6.3-1)
Copyright (C) 2002-14, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Device Model:     TS256GSSD370
Serial Number:    **********
Firmware Version: N0815B
User Capacity:    256,060,514,304 bytes [256 GB]
Sector Size:      512 bytes logical/physical
Rotation Rate:    Solid State Device
Device is:        Not in smartctl database [for details use: -P showall]
ATA Version is:   ACS-2 (minor revision not indicated)
SATA Version is:  SATA 3.1, 6.0 Gb/s (current: 3.0 Gb/s)
Local Time is:    Thu Dec 18 21:14:10 2014 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

General SMART Values:
Offline data collection status:  (0x02) Offline data collection activity
                                        was completed without error.
                                        Auto Offline Data Collection: Disabled.
Self-test execution status:      (   0) The previous self-test routine completed
                                        without error or no self-test has ever
                                        been run.
Total time to complete Offline
data collection:                (    0) seconds.
Offline data collection
capabilities:                    (0x71) SMART execute Offline immediate.
                                        No Auto Offline data collection support.
                                        Suspend Offline collection upon new
                                        command.
                                        No Offline surface scan supported.
                                        Self-test supported.
                                        Conveyance Self-test supported.
                                        Selective Self-test supported.
SMART capabilities:            (0x0002) Does not save SMART data before
                                        entering power-saving mode.
                                        Supports SMART auto save timer.
Error logging capability:        (0x01) Error logging supported.
                                        General Purpose Logging supported.
Short self-test routine
recommended polling time:        (   2) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time:        (  10) minutes.
Conveyance self-test routine
recommended polling time:        (   2) minutes.

SMART Attributes Data Structure revision number: 1
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
  1 Raw_Read_Error_Rate     0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
  9 Power_On_Hours          0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       2
12 Power_Cycle_Count       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       11
160 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
161 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       43
163 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       3
164 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       796
165 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       4
166 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
167 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
168 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       3000
169 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       100
177 Wear_Leveling_Count     0x0000   100   100   050    Old_age   Offline      -       0
181 Program_Fail_Cnt_Total  0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
182 Erase_Fail_Count_Total  0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
192 Power-Off_Retract_Count 0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       5
194 Temperature_Celsius     0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       25
195 Hardware_ECC_Recovered  0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       3819
196 Reallocated_Event_Count 0x0000   100   100   016    Old_age   Offline      -       0
197 Current_Pending_Sector  0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
199 UDMA_CRC_Error_Count    0x0000   100   100   050    Old_age   Offline      -       0
232 Available_Reservd_Space 0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       100
241 Total_LBAs_Written      0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       5925
242 Total_LBAs_Read         0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       1094
245 Unknown_Attribute       0x0000   100   100   000    Old_age   Offline      -       6368

SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged

SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed without error       00%         1         -

SMART Selective self-test log data structure revision number 1
SPAN  MIN_LBA  MAX_LBA  CURRENT_TEST_STATUS
    1        0        0  Not_testing
    2        0        0  Not_testing
    3        0        0  Not_testing
    4        0        0  Not_testing
    5        0        0  Not_testing
Selective self-test flags (0x0):
  After scanning selected spans, do NOT read-scan remainder of disk.
If Selective self-test is pending on power-up, resume after 0 minute delay.


この「Available_Reserved_Space」を見ておけば、事前に寿命が分かるはず。(たぶん)
常時起動させてるPCなので、どうなるか楽しみです。



2014/12/11(Thu) :

SSDの故障対策はS.M.A.R.T.で

DSC_0756
使えば使うほど壊れるDISKなんて駄目でしょ…
と思っていたけど、やっぱりSSD導入に踏み切りました(笑)
S.M.A.R.T.で監視しとけば寿命がくる前に交換できることが分かったため。

1本はメインPC用。
Windows7だけど、Cygwin+smartmontoolsで監視します。

2本目はサーバーのiSCSIディスク用。
zfsでL2ARC/ZILキャッシュの検証に使用予定です。
とりあえずOpenIndianaでパフォーマンス検証から…

Write時のIOPS的に、CFDのアレや、Crucial M100より速いこと、
価格が安いのが決め手でTranscendにしましたw
スペックは下記のとおり。

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 256GB CSSD-S6T256NHG6Q
・256GB版 (参考価格 14,126円)
・シーケンシャル Read 530MB/s、 Write 490MB/s
・ランダム Read 97,000 IOPS、 Write 67,000 IOPS

Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 256GB SATAIII CT256MX100SSD1
・256GB版 (参考価格 13,135円)
・シーケンシャルRead 550MB/s、 Write 330MB/s
・ランダム Read 85,000 IOPS、 Write 70,000 IOPS

Transcend SSD 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 256GB 3年保証 TS256GSSD370
・256GB版 (参考価格 11,799円)
・シーケンシャル Read 531MB/s、 Write 315MB/s
・ランダム Read 75,000 IOPS、 Write 75,000 IOPS

デスクトップではCFDが良いですが、WriteのI/Oが多い場合は
CrucialやTranscendがいいかも。
これより高いのは…ちょっともったいないかな。。

搭載チップ数の関係のようですが、128GBは速度が落ちるものがありますね。
参考価格はみくりん調べ。

↓参考にしたページ。

この夏SSD買うならコレ!! 売れ筋&注目の全6メーカー7製品
http://ssds.findthebest.com/

Best SSDs 2014 - Compare Reviews, Benchmarks
http://ascii.jp/elem/000/000/918/918611/

もう冬ですが記事は参考になりました(笑)
誰かの参考になれば。。

・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



2014/11/10(Mon) :

PC故障、復旧1週間・・・

メインPCのHDDが突然壊れてしまいました。(´Д` )

復旧に時間がかかって、デスクトップPCなしの生活をしてましたが、
今時はスマホがあればなんとかいけるものですねぇ~。
ノートPCもなかったので、不自由でしたけど。 。

復旧ついでに、ケースファンを変えて、グラボを増設…(笑)

ケースファンは、、、、壊れて止まってました(汗
熱暴走っぽい症状が何度かあったので、ケースのカバーはずしてたぐらい(笑)
HDD壊れたのも熱かなぁ…

交換したファンは、山洋製の F12-PWM (12cm)。 
そこらの安物ファンはすぐ壊れちゃうので…
信頼性で山洋のやつを買ったらすごい安定感で、圧倒的な冷却性。。
もう山洋のファンしか買いませんww

そして増設したグラボはこれ。
DSC_0751
「GeForce 9500 GT」を3枚挿し→4枚挿しへ(笑)
写真は追加の1枚。

違う種類のグラボを混ぜるとPhotoshopが起動しなくなるので、
いろいろ試して既存のと同じGPUにするしかありませんでした。。

私は3Dいらないので十分ですが、消費電力的にみるとバカらしいので、
次をぼちぼち考えたいところ。

ちなみに、PCI-Expressスロットがあとx4しかあいてなくて無理やり延長。。
延長つけたらブラケットが駄目なので、ブラケットも自分で加工…。
なにやってんだか。

これでディスプレイが7枚になりました(笑)
なにやってんだろ…( ̄ω ̄)



2014/01/10(Fri) :

またしても3TB-HDDが故障…

昨年末に、3TBのHDDを大量の250GBから入れ替えで導入したんですが、
すぐに1本でSMARTエラーを検知。

LinuxでmdadmのRAID5にしてたのだけど、リードテストでエラーを吐くセクタがどんどん増殖。
何度もテストして、セクタを修復してもダメで、最後にはまったく使えなくなりました。。
また3TBのはずれを引きました…。
3TBぐらいの大容量だと、やっぱり壊れやすいんですかね~?

しかし、これはいかん、ということで販売店に初期不良交換の問い合わせをしつつ、新品をもう1本追加購入。
購入…したけど、約1万円強の臨時支出はつらいー><
でも…データ飛んじゃうのは避けたいから大至急の入れ替えでした。
最初は大丈夫そうだったんだけどなぁ。。

結果的に、交換に応じてもらえたのでHDDが1本余った状態に。
これは…ホットスペアにするべきですかね?(笑)

時々、有名な漫画家さんとか絵描きさんがHDD故障でデータが飛んだーって話もあったりしますよね。
自分だったら…って考えるとなかなかつらいですね。
何の保証もないHDDを単品で使う&バックアップしてないのって、やっぱりリスク高いです。

身近なところで、スマホやガラケーだって、連絡先が飛んで全部なくなるリスクがあります。
まあそれも同じようなもんで、分かっているけどバックアップできてないデータ。
これをどうするかは結構難しい問題です。

でもHDDにある何TBにもなったデータを、DVD-RやBD-Rみたいなメディアに落とすのは実際問題として無理があるのが実際のところ。

仮にバックアップをするとして…
DVD-Rなんて4GBしか入らないですし、BD-Rでも24GBぐらい?
もし数TBぐらい写真があると…分割していちいち保存なんてやってられません。。

一度、2TBのHDDにバックアップして、オフラインで保管していたら、
いざ使おうと思ったとき、そのHDD自体が壊れていた…なんてこともありました。
やはり光学メディアのようにはいかないものです。。

ただ、DVDやBDで十分バックアップできる人は是非、今すぐバックアップして、
できれば定期的に見直していくのがおすすめですよ。

でもですね、なぜかふしぎなことに…
「なんでそんなにデータがあるの?」 とか
「全部なくなっても別に困るデータなんかないよー」
って言う人もいるんですよね。
温度差あるなぁーって思います。。

震災で津波に流された写真を集めている光景もありましたが、あれはたまたま現像&プリントしていたから残っているのであって…いまどきの写真はデジカメだから、写真も大多数がデジタルデータ。
PCが水没したら消えてなくなります。

「思い出や、想い入れが詰まった大事なデータ」っていうのは一定程度あると思うんですよ。
それらをどう保護するか?は結構切実な問題で。
でも、それがない人…なんて、自分にとっては想像できないです。。

職業柄ってのもありますけど、そんなにデジタルに依存しすぎなんでしょうか?(笑)

結局、私の場合はHDDをRAID構成にして、データ保存用のサーバー(NAS)を置いて、物理的な故障からは最低限保護しています。
それでも本当に大事なデータはさらに違うHDDに別途コピーしたり、BD-Rや、クラウドにも分散して保存したりします。
何をそこまで…って言われることもありますけど(笑)
自分にとっては大事なんです。

さすがに首都直下地震ぐらいのが来て被災したらまあ、命があればいいって思いますけども。。
それでもできれば…残っていたほうが嬉しいデータはあります。

でも、その電子データの保護は、なかなかに難しい現状。

今回は無事、データは100%残ってますが、たかがHDD故障程度で全部失っていたら、、、
相当にショックだろうなぁ。。

というわけで。
「みんなバックアップとってる??」

改めて、考えています。



2013/12/12(Thu) :

みくりん、冬のHDD大増設まつり。

DSC_0349

こんばんにちは!(何w
10~11月は元気がなかったみくりんですが、今月は元気ですw
というか、やーっと元気が出てきた…という感じ。
まあいろいろありますね。。

そんな感じですが、冬のぼーなんとかで…
今年はHDDを更新してみることにしました。

実はうちのファイルサーバーは250GBとか500GBをたくさん繋いでいる状態でして。
なんというかもうかなり古いし、電気食うし、熱いし…
で、懸案の一番手、「電力消費対策」にポイントを置いた対策に乗り出しましたw

今年は電気代が夏のピーク時、なんと4万円越え!?
などという状態だったので、250GBなんかやめて「省電力大容量な3TB-HDD大増設」です。
ファイルサーバーも搭載可能本数が足りてないせいで、なぜかマシン2台体制だったりしてます…。
なので、これは容量をまとめれば1台減らせる…!!!! ←

よって…正確には増設ではなく交換で、電気料金をがっつり減らす作戦です(苦笑)
(ソーラーパネルも活躍してくれているけど、やっぱり消費量が減らないとね…)

ただ、HDD購入にはちょっとトラウマがありまして。。
実は、2年前ぐらいにSeagate製3TB-HDDを3本ほど買ったものの、2本がすぐに故障し、もう1本がS.M.A.R.T.エラーで半死半生の状態に。。
データ少し入れてしまっていたこともあって、メーカー交換もしたくなかったため、さらに2本追加(やはりSeagate…)という厳しい思い出がありました。
いやーあれはつらかった。。

でも250GBが6本とかいうのは、「容量単価」ならぬ「容量維持単価」が高すぎなので…大容量HDDへの更新が悲願なのです(苦笑)

そんなわけで前回の教訓から、今回はWestern Digitalで試してみることにw
買ったのはこれ。

【Amazon.co.jp限定】WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EZRX-1TBP/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

の、Amazonじゃない版。(あれw)
ちょっと前まで10,500円ぐらいだったんだけど…今みるとちょっと高い感じ…(´Д` )
1万円台前半なら買いどきなんですかね。。
(2年前は9800円で買えたんだけどな…)

とりあえず、今からぶっさして祈る、「Plug and Pray」の儀式です(笑)

ちなみに、デスクトップ向けの「WD Green」よりも、もう少しだけ耐久性が高くて、NASのような24時間稼動を考慮して設計されているといわれる「WD Red」も検討しました。
これ。

WD Red 3.5inch IntelliPower 3.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD30EFRX

だがしかし、価格が14,000円超えてくる感じで。(2013/12/12時点)
複数本買ったらかなりの差。
そこまでしてもまあ、HDDって壊れるときは壊れるわけで…
やっぱりWD Greenで安くしておいて、壊れたら買い換えればいいやと(1本ぐらいならね…)WD Greenにしちゃいました。
やっぱりねぇ…導入コスト優先ですよ庶民は。。

そんな感じです。

さらに今回は、HDD同士の共振対策として、RAID構成で同時アクセスするHDD×4本を「縦に重ねる」のではなくて…「水平に横に並べる」配置にしてみました。
まあ、ケースがラックマウントになったからできるんですけどw
どういうことかというと、こんな感じ。
image
これで、HDD内の円盤が同じ方向にほぼ同じスピードで回転しても中心軸が離れているので、お互いの影響が少ないのではないかと思うんです。
(専門家ではないので正確にはわかりませんが…)

あとはやってみるのみw
これでRAIDを組んでみようと思います。

今はまあ、あまりHDDが安い時期ではないと言えますね…。
それでも、この冬に「やっぱNASを導入しようかな~」なんていう方は、HDD自体のコストだけでなく、ケースの構造にも気をつけて選ぶのをおすすめします。

PCベースじゃない専用のNASだと「ぎっちり型」の搭載しかできませんけども。。 (笑)
こういう奴ね…

QNAP TurboNAS TS-421

まあこれはこれで、いいんですけどね、専用機だし。
何よりコンパクトだし。

とりあえず、WD Greenでも安定するようなら、またレポートしたいなーと思ってます。
あまり期待しないでお待ちください(笑)



2013/09/22(Sun) :

みくりんちサーバー事情。

DSC_0248a_300px
自宅は半分データセンター、、
ソーラー発電設備も設置して、もう何をやっているのやら(笑)
まあそんなみくりんち。

最近イベントとかにいけていないので、こんなネタ出しをふたたび…(笑)

今のメインサーバーがこのDELL C6100高密度サーバー@2Uラックマウント、になってます。
CPUにはXeon E5530@2.4GHzが全部で8個、メモリ合計96GB。
といっても、実際はCPUは2個づつで4台に分かれていて、普段起動しているのは1/4ぶんだけ。
(まあこれはもうブレードサーバーです…)
わっほいわっほい言いながらフルパワーで動かしたらかなりのリソースになるけど、電気をそれだけ消費してしまうので、今のところ省エネ運転です(/ω\)

これを導入する前は1UのSunサーバー(Xeon E5435 2個積み)だったんだけど。
いわゆるマザーボードにあたる部分が壊れてしまって…なぜか突然落ちるんで、どうしようもなくなり。
まさに\( ・д・) バルス!! /

メモリを抜き差ししたら一時安定したんだけど…
ブレーカーが落ちたり(爆)で再起動するとまた\( ・д・) バルス!! /
だめだこりゃでした。。

で、意を決して導入した中古サーバー(笑)
まあ新品のサーバーでこれを買ったら新車が買えたりしますが(笑)
RAIDコントローラが遅いということで、中古品が破格で売られていました。
うーん、確かにHDDアクセスがちょっとつらい…

でもまあ、消費電力が約300Wも減り、ランニングコストを考えたらとてつもない節約に繋がりました。
まあ悪い買い物ではなかったかなと思ってます。

そんなこんなで、ようやくこのブログも安定したところなのですw
(自宅サーバーなんですw)

#今ちょっとSPAMがひどいのでコメントつけられない状態ですが(^^;
#そっちも対策しなくちゃ…


あとは、古いほうの壊れたSunサーバーの処分が課題。
ラックマウントサーバーなんて本来業務用なので、家庭から捨てるのはなかなか(爆)

あーあ。

まあ気長に考えます…( ̄ω ̄)

2013/01/02(Wed) :

Windows8のスタートボタンを復活させるアプリ

Windows8はじめました(笑)
だけれども、マウスで使うのは至難、とても厳しいUIになってますね。

スタートボタンも標準機能では表示できないです。
なのでしかたなく下記アプリを利用。

ClassicShell
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_classicshell/

・メトロUIをスキップできる。
・Shift+スタートボタンでメトロUIのスタート画面へ遷移できる。
・WindowsキーでメトロUIに遷移させることもできる。
(それぞれ設定による)

作者の方には感謝感激雨あら(ry
そなたはまどかちゃん神か。

※日本語ビルド版が出回っているが、英語版を入れてもスタートメニューは日本語表示されるので(設定メニューは英語)本家ビルドを使うのがおすすめ。

これがないとたぶん仕事とかに使うのは無理ですね。
でも慣れるとWin7のときみたいに便利かも…という気もしないではない感じ。うーん。
でもなんというか、Windows8はまずは、「タブレットエディション」という感覚で臨んだほうがよさそうです。
マウスで使うのは大変。
(だからこそ、スタートボタンの復活が悲願となるわけですが。。)


ちなみにしかし、そこまでしてWindows8を入れた理由。それは…安いからです(笑)

「WinXP」から3,300円で移行してみました。

クリーンインストールをするには別途メディアを買わないといけないのですが。
でも、結構クリーンにインストールされましたよ。32bit版ですけど…。

別途フルインストール版DVD(64bit)を購入していたので、あとでそっちのメディアから入れたら、XPからのアップグレードで取得したライセンスキーでも認証できました。
このとき、XPのパーティションにバックアップを戻して(WinXPが入った状態)、上書きフルインストール。
すんなり行きました。
くりーんなのは良いことです(笑)

でもこれ、1月末までの限定価格なので、まだの方は是非、試しにひとつ。
Webインストール(ダウンロード)で入れてもいいと思います。

安いので。

リカバリが自分で出来る方は特におすすめだし、
あと、「こまけーことはきにしねー」という方にも是非。(笑)

Webインストールで何も引き継がない設定をした場合、Windowsディレクトリ、Program Filesフォルダ、プロファイルフォルダ(Documents and Settingsフォルダ)がC:\Windows.oldというフォルダに入りました。
たぶんこれを消せばクリーンインストールと同じなんじゃないかと。

ただし、XPから移行すると32bit版になります。(※ココだけ注意)


Windows8はパッケージ版は単体フルインストールパッケージが従来のDSP版(OEM向け)を使用することになり、その代わりにDSP版にパーツとかPCとか付けなくてもよくなりました。
おかげで普通のショップでは12,000円以内で買えると思います。 (Pro版)

Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語

でも、どうせOSだけ買うならアップグレードが断然安くてよいので、メディアがついてくるアップグレード版もいいかもしれません。
1月末までの優待版がこれ。(Pro版ですよ)
 
Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)

ぎりぎり5000円切るぐらい?
Win7のProfessionalはもうちょっと高かったので、購入するにもだいぶ敷居が低いです。

私としてはとりあえず、オンライン3,300円でメディアを買わないのが1番。
2番目にこの優待アップグレード(メディアつき約5,000円)。

Webインストール3,300円でも、オプションのメディアを発注すると別途2,000円ちょっと(本体は1500円ちょっと+送料がかかる)が追加で必要になってしまいます。
ですのでこっちのパッケージがオススメです。


そんでもって入手、インストールしたらまず最初にスタートボタン復活!!(笑)
これでいきましょうw

動作はWin7より高速化が図られているようなので、そのあたりに期待しつつ…。
あとは話のネタですね!!


ではまたw

2012/12/29(Sat) :

新サーバーケース from USA。

DSC_0155
ついにUSから個人輸入してしまいました。
今までは国内で5bayあたり3万円(ドライブケースだけ)くらいのコストで10bayまで構築してたんですが、今回は20bayで3万円くらい、しかもSAS 6Gb/sで全ポート独立接続。
DSC_0158

SAS Expanderのバックプレーンだとたくさん繋がるけど、ポートを共有してしまって速度が落ちますが、独立なら全ポートで6Gb/s出るという算段です。

まあ輸入って言っても、ただebayで「buy it now」しただけなんですけどねw
支払いなんかはPAYPALなので、住所登録だけしておけば、出品者とのやり取りも不要でらくちん。

ケースの詳細はこちら。
・NORCO RPC-4020
http://www.norcotek.com/item_detail.php?categoryid=1&modelno=RPC-4020

HDD20台も積んだ状態になるまでには相当かかりますが(いや…永久に全トレイは埋まらないかもw)。
ですが、これも古い電力食うサーバーを止めていくための、いわゆる「省エネ対策」なんですよ!w
(見た目はぜんっぜん説得力がないですがwww)

当面はXeonとかOpteronとか積まないで、AthlonII とかで超省電力サーバーにするつもりです、てへぺろ。
ファンの騒音が少し怖いくらいですかね…どうなるやら。。

ちなみに、気になる中身は、マザーボードにこれを確保してます。
・GA-990FXA-UD5
http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=3891&dl=#ov

AM3+なのでFX-8300番台の物理8コア×4GHzオーバー!なんてのがつめる!!
メモリも8GBモジュールが安くなったので、スタートアップに8GBx2の16GBから開始です。
PCI-Express x8が3本(またはx16が2本)いけて、サーバー用のQuad Ethernetアダプタとか、Infiniband HCAとかも積めちゃうし、夢がひろがりんぐ。
ひゃっほう。ヽ(´ー`)ノ

あーでも、その前にSASアダプタ16port~とかが必要ですねぇ…
6Gb/sでリンクできればよくて、SATAディスクしか挿さない予定ですけれども。

そうか、でもSASアダプタにかかる費用あんまし考えてなかった(´・ω:;.:... (おい
とりあえずオンボードSATAで3TB×2本ぐらいからスモールスタートでいきますかww

まあいずれにせよ、こんだけベイがあるサーバーにしてはかなりリーズナブルなので、明るい未来(大容量ストレージ+節電効果)に期待して。
動き出したらまたレポート記事をあげまーす♪

それでは今夜はこのへんで!

みなさんよいお年を!(`・ω・´)



2012/11/05(Mon) :

Windows8Proアップグレードが3,300円のしくみ

image

先日、窓辺あいちゃん、窓辺ゆうちゃんセットを手にいれちゃった件を書きましたけどもw

本家MicrosoftさんのサイトでWin8は3,300円でアップグレード(期間限定)とか、店頭でも5,800円とか。
結局どれがいいのか?とよくよく見ていくと、どうやらこの3,300円でDVDイメージをダウンロード販売する感じがお得感抜群ですね。

といっても、既にWin7のprofessional以上、クリーンインストールを好む人で、新しいもの好きな人向け、という勢いでの話ですが(爆)

FAQを読むと、アップグレードインストールするときにHDDをクリアしてインストールができるそうですよ。
(事前にクリアするとアップグレード条件が満たせないので、このタイミングでのHDDクリアだけが認められる、ということみたい)
原文は以下の通り。

「DVD からアップグレードする場合は、アップグレードを開始するときに、PC 上で Windows が実行されている必要があります。 」

そして、
「ハード ドライブを再フォーマットする場合は、PC をメディアから起動し、Windows をインストールするセットアップ操作中にハード ドライブをフォーマットする必要があります。その前に再フォーマットすることはできません。」

ね?
というわけで、じゃあ3,300円でDVDをどうするのかというところで、ダウンロードなんだけど、なぜかDVDの物理メディアを入手できるみたい(笑)
この場合の画面が、アップグレードアシスタント上のスクリーンショットなのだけれど、+1,589円でいけるもよう。
となると、4,889円。
店頭価格の5,800円に近付きました(笑)

この次のステップに進むと、がっつりと個人情報を持っていかれて、たぶんカード決済なんだろうなぁという雰囲気。もう約1000円プラスして店頭で匿名(笑)で購入するか、まあ、3,300円で自分でDVD焼いたらいいじゃん、とするか。

このあたりの2択で考えておくのがアップグレードインストールにはいいのかもです。
Win7の時にはこんなにリーズナブルには行かなかったと思うので、OS単体売り=DSP版を決断したWin8はいろいろと戦略的な背景もありそうです。
これなら売れるかなーという雰囲気がそこそこに。
といっても、企業などではやはりまたWin8はVista化(導入されず無かったことに)なるんじゃない?という話が聞かれますが、どうなることやらw

とりあえずまあ窓辺姉妹のせいで、個人的にはDSP版フルパッケージが手元にあるので、既存のWin7proを平行運用しつつ、Win8も使い始めようかなーというところで迷っています(笑)

ぜひあなたもお試し下さい(笑)



2012/10/30(Tue) :

窓辺あいちゃん。(笑)

DSC_0093a

おやこんなところに窓辺あいちゃん…(笑)

\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/


OSは1本だけですけども(笑)
事情はお察し下さいww



≪前のページ | main | 次のページ≫


Calendar

<< Sep, 2017 >>
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

New Entries

Categories

Recent Comments

Archives

過去の記事▼

Feed

RSS1.0 XML Feed

RSSリーダーにドラッグ&ドロップで登録すると記事を読めます。よろしくです♪

おすすめ


ピュアニーモ キャラクターシリーズ No.076 ガリレイドンナ 星月・フェラーリ 完成品ドール[アゾン]《04月予約》


ガリレイドンナ もふもふミニタオル 星月


ガリレイドンナ 缶バッジ 星月・フェラーリ


Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語 発売記念パック 窓辺ファミリーバージョン