みくにっき。

カテゴリー > 電子工作(2)

≪前のページ | main | 次のページ≫

2015/09/20(Sun) :

Arduinoで7セグLEDダイナミック点灯

My Snapshot12

最近また更新してないなー(´д⊂)
6月~9月はちょう忙しかったよ…

ひさびさ更新もまた、Arduinoです(笑)
ようやく数ヶ月ぶりにゆっくりできる連休がきたので(現実逃避)
今度からもうちょっと可愛い写真とかも載せましょうかねw

さて、今日はArduinoで7セグメントLEDのダイナミック点灯を試してみました。
なんでキャラクタ液晶とかじゃないのかというと、ただの好みです。

ちなみに、ダイナミック点灯というのは接続端子を減らす「ワザ」ですね。

普通にLEDを点灯させるには、点灯1箇所ごとにプラスとマイナスの端子がそれぞれ必要です。
写真のような表示に使うLEDだと、1桁あたり7箇所のLEDと+小数点の1箇所で8箇所、
これがプラスマイナスあって、さらに桁数のぶんだけ必要になる計算です。
(このタイプ、一般的に小数点抜きで7セグメントLEDと呼びます。小数点あったら8セグだろう!とかいわなくても、(めんどいので)全部「7セグ」で。)

写真ではこれが6桁ぶんあったので、

8(LED個数)×2(プラスとマイナス)×6(桁数)=96本!

という、とんでもない配線数が必要です。(正直に繋ぐならばw)

おっと、いわゆるマイナス側は最終的にすべて電源のGNDへ繋ぐので
全部まとめて1本で済ませれば良いですね。
これは簡単に減らせるので、

8(LEDのプラス端子) ×6(桁数)+1(マイナス端子)=49本

と一気に減らすことが可能です(笑)
まあここまでは誰でも思いつきますが、さらに減らすのはちょっと厳しそうです。

ここで、ダイナミック点灯のワザが登場します。
いわゆるマイコンでの点灯を前提にするならば、
「超高速で1桁ごとに順番に表示する」
という方法も使えます。
表示するのが、そもそもプログラムですからね(笑)

イメージでいうと、こんな感じ。(□をOFF、■をONとして4桁の場合)

■□□□ → □■□□ → □□■□ → □□□■ → くりかえし!

ある時点では一桁ずつしか点灯しませんが、人間の目には全部光って見えます。
先人はよく考えたものですね(笑)
これなら、桁ごとに電源供給のON/OFFを切り替えていけばよいので、

8(LEDのプラス端子) +6(桁数ぶんのマイナス端子)=14本
または
8(LEDのマイナス端子) +6(桁数ぶんのプラス端子)=14本

と、すごく少ない本数で表示できます。
このとき、プラスとマイナスの接続方法によって2種類の方法があり、
実際に両方のタイプの部品が販売されていますよ。

(1)電源供給するLEDの場所を決める
(2)表示したい桁の電流を流す
(3)電流をOFFにする
(4)桁数だけ(1)~(3)を高速で繰り返す

こんな感じです(*´▽`*)
そして、わたしにもできました(笑)

最後に、Arduino向けにとても参考になるページがあったのでURL。
http://garretlab.web.fc2.com/arduino/introduction/beginning_with_7segment_led/


やりたいひとは、参考にしてみてくださいね。

2015/06/11(Thu) :

また何か作りますよ(/ω\)

DSC_0863
また、ちょっとづつ部品を調達していますw
消費電力の測定とか、ソーラー電源の自動切換えとか。。

でも考えてるだけで。

まだ作る時間がない…(ノ∀`)



≪前のページ | main | 次のページ≫


Calendar

<< May, 2017 >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

New Entries

Categories

Recent Comments

Archives

過去の記事▼

Feed

RSS1.0 XML Feed

RSSリーダーにドラッグ&ドロップで登録すると記事を読めます。よろしくです♪

おすすめ


ピュアニーモ キャラクターシリーズ No.076 ガリレイドンナ 星月・フェラーリ 完成品ドール[アゾン]《04月予約》


ガリレイドンナ もふもふミニタオル 星月


ガリレイドンナ 缶バッジ 星月・フェラーリ


Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語 発売記念パック 窓辺ファミリーバージョン